FC2ブログ

ソニーがE3 2019を見送る方針を伝える。コミュニティに参加する新たな方法を模索中、E3合わせの独自イベントも無し。  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

ソニーがE3 2019を見送る方針を伝える。コミュニティに参加する新たな方法を模索中、E3合わせの独自イベントも無し。

180511_SONY_E3.jpg

時代の流れから仕方ない部分があるかもしれないけど、寂しいね。

ソニー、E3 2019を見送る方針明らかに。コミュニティとの交流方法を新たに模索、過去24年間で初の事態

 ソニー・インタラクティブエンターテインメント(以下、SIE)は、2019年に開催予定のゲームイベント「E3」(Electronic Entertainment Expo)を見送る方針を明らかにした。E3自体に参加しないほか、E3に合わせたプレスカンファレンスも実施しない予定だという。1995年から開催されてきたE3で初の事態となる。

 これは海外メディアGame InformerやVarietyに送られた公式声明から明らかになった情報。SIEはその理由について、同社は常にコミュニティに参加する新たな方法を模索しており、ゲーマーたちを楽しませる方法を試してみたいと伝えた。時期やその内容などはまったく明らかにされていないが、独自のイベントやプレスカンファレンスの開催を示唆していると考えられる。

 さらに同社のコミュニケーション部門の幹部Jennifer Clark氏はGame Informerに対し、E3に参加しないとの公式声明とは別に、周辺でのプレスカンファレンスも開催する予定はないことを明確に伝えている。

 SIEはここ最近、例年開催していたイベントやプレスカンファレンスを見送る状況が続いている。欧州では2015年から「Paris Games Week」に合わせてプレスカンファレンスを実施しており、昨年は『Ghost of Tsushima』といった話題作発表の場となったが、今年は大きな発表イベントは催されなかった。
 2014年以降は毎年開催されてきた年末最大の独自イベント「PlayStation Experience」については、『Marvel’s Spider-Man』をリリースし現在は2019年発売の作品に取り組んでいるなかで、情報が十分ではないため開催を見送るとの報告が9月になされた。

 一方で、コミュニティとの独自の交流を目指す動きは、なにもSIEだけではない。Electronic Artsは、2016年のE3に不参加を表明し、以降はファン向けの情報発信と交流を目的とした独自イベント「EA Play」を毎年開催している。E3自体も、当初はメディアや業界人向けの見本市であったが、2017年からは一般参加者も参加可能とした。
 動画サービスの技術向上によりカンファレンスがリアルタイムで発信可能になり、またSNSやインターネットの発展でさまざまな方法で情報を伝えることができるようになった昨今、従来の枠に囚われない動きを見せるパブリッシャーの動きは十分に理解できるところだろう。

 E3 2019は現地時間の6月11日から13日まで、例年どおりロサンゼルスのコンベンションセンターにて開催予定となっている。


盛り上がりに欠けてしまう部分が出ると思うけど、そこはMSや大手サードに頑張ってほしいね。
ここ数年は大きなカンファを行うメーカーも限られてきていたけど、より一層って感じになるな。
結果的にファーストや独占タイトル以外のマルチが多くなってきている中、プラットフォーマー側での発表は単純な宣伝でしかない部分もあるし仕方ないのかなとも思う。
ただゲーム好きとしては集中したお祭り騒ぎが出来ないっていうのは残念な部分でもある、
是非とも補う形で何かしら独自の発表の場を設けてほしいね。


【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2018/11/16 23:35 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL