PS4版『ファイナルファンタジーXII』の発売日が2017年7月13日に決定!デザインの再構築やシステムの追加を行ったリマスター版。  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

PS4版『ファイナルファンタジーXII』の発売日が2017年7月13日に決定!デザインの再構築やシステムの追加を行ったリマスター版。

160606_FF12.jpg

『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』公式サイト

意外というか何というか、もっと早い発売だと思ってた。

「FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE」の発売日が2017年7月13日に決定 - 4Gamer.net

『ファイナルファンタジーXIIザゾディアックエイジ』
2017年7月13日(木)発売!
キャラクターデザイン/吉田明彦氏による新アートも公開!


株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐)は、PlayStation 4対応ソフト『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE(以下、FFXII THE ZODIAC AGE)』を2017年7月13日に発売することを発表致しました。

2017年7月13日(木)発売予定
価格:6,800円+税

「FINALFANTASY」シリーズの第12作目をベースにゲームデザインを再構築&システムを追加した、『FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM』を、ついにHD化!
「FINALFANTASY」シリーズは、常に新しいシステムや技術を追求してきており、それは本作『FFXII THE ZODIAC AGE』においても同様です。さらなるシステムの改良や現世代の技術を導入し、PlayStation 4対応ソフトとして遜色のない、臨場感溢れる究極のファンタジーRPGとして制作中です。

映像表現力の向上

BG・キャラクターモデル、フォント含む全2Dパーツの高解像度化
ムービーシーンの高解像度化
現世代の映像表現を導入

サウンド表現力の向上

7.1chサラウンド対応
音声の高音質対応
音声は「日本語」と「英語」の2バージョンを収録(ゲーム内のコンフィグで切り替え可能)
BGMは「オリジナル盤」と、本作用に全曲再録した「新録盤」の2バージョンを収録(ゲーム内のコンフィグで切り替え可能)

ユーザービリティの向上

ローディング時間の短縮
オートセーブ機能追加
高速モードの改良と、高速モードでプレイ時の操作性を向上

この他にも、キャラクターの育成をさらに楽しめるよう様々な改良を行っています。映像やサウンドのHD化だけにとどまらない、より進化した『FFXII THE ZODIAC AGE』の今後の情報にご期待下さい。

■ストーリー
“イヴァリース”と呼ばれる世界を舞台に物語は始まります。戦乱の世を迎えたイヴァリースの小国ダルマスカは、強大な軍事国家であるアルケイディア帝国の支配下となりました。祖国解放を胸に、唯一の王位継承者である王女“アーシェ”は抵抗運動に身を投じます。一方、戦禍で家族を失った“ヴァン”は、大空を自由に飛び回ることを夢見る少年。この二人の出会いが国家と人々の運命を大きく変えていくことになります。

■『FINAL FANTASY XII INTERNATIONAL ZODIAC JOB SYSTEM』とは
2007年8月に日本国内のみで発売された、PlayStation 2対応ソフト『FINAL FANTASY XII』のスペシャルバージョンです。新たなキャラクター育成システム”ゾディアックジョブシステム”の採用、ゲームバランスの調整、遊びやすくするための各種改良を加え、オリジナル版とは一味違う「より洗練された遊びやすいゲーム」に生まれ変わり、高い評価を受けました。


170201_FF12.jpg

4月とかそのあたりだと思ってたけど7月とは。
これって必然的にFF7リメイクとかはもっと後、他タイトルのこととか考えると今年はもう無いんじゃないかって思わせてくれるね。
FF12自体はFF11に影響された戦闘システムなど他ナンバリングとは一味違うながら面白いものができていたと思う。
のでリマスターが出た際は購入したいと思ってます。

吉田明彦氏の新アート、キャラクターの位置が絶妙すぎるな。



ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
スクウェア・エニックス (2017-07-13)
売り上げランキング: 3

newrss.jpg




[ 2017/02/01 23:50 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL