本日発売『バイオハザード7』の海外レビューはハイスコア多め!稲川淳二氏によるVRモードプレイ映像も。  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

本日発売『バイオハザード7』の海外レビューはハイスコア多め!稲川淳二氏によるVRモードプレイ映像も。

160616_BH7.jpg

『BIOHAZARD 7 resident evil』公式サイト

サバイバルアクションから原点であるホラーに戻った印象、この変化が功を奏すのか。

海外レビューハイスコア『バイオハザード 7 レジデントイービル』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

●Destructoid: 100/100(PS4)
『バイオハザード7』は私の想像を超え、即座に名作入りすることとなった。今すぐにでもプレイを再開したいし、この先何年もプレイしていくことになるように感じる。

●The Daily Dot: 100/100(PS4)
●Guardian: 100/100(PS4)
●MondoXbox: 91/100(Xbox One)
●Shacknews: 90/100(PS4)
●Polygon: 90/100(PS4)
●GamesRadar+: 90/100(PS4)
シリーズを素晴らしい形で改革し、『バイオハザード』シリーズらしい素晴らしいホラーゲームに仕上げている。

●PC Gamer: 90/100(PC)
●Game Informer: 85/100(PS4)
グラフィックス: 美しくも不穏。カプコンはその美しいマップ環境と複雑かつ繊細に描かれたキャラクターを魅力的に見せることに躊躇していない。
サウンド: 不足しているサウンド面はむしろ緊張感を盛り上げている。軋む音や物音は君を警戒させるだろうし、Ethanも何か言い過ぎたりしない。しかし、彼やその他のキャラクターの声優の演技はソリッドな出来栄えだ。
プレイしやすさ: 探索とシューティングの融合が素晴らしい。常に全ての銃弾の重要性を意識させられる。
エンターテイメント性: 今作には魅力的な秘密が隠されていて、継続して遊ぶのも楽しい。シリーズとの繋がりを知るのも十分過ぎるプレイの理由となる
リプレイ性: 適度

●Giant Bomb: 80/100(PS4)
●GameSpot: 80/100(PS4)
良い点
タイトな視界制限が雰囲気を出している
強力なナラティブに緊張感のある雰囲気
驚くほど精細なビジュアル
家族たちやプレイアブルな回想シーンのおかげで、素晴らしいバリエーションが生まれている
新旧のバランス感が同居している洗練されたサバイバルホラー
最先端のVRサポート

悪い点
一部のパートはだらだらと進む
いくつかのボス戦は激しいというよりも厄介
敵はもっと賢く有能に仕上げられた
パズル要素の大部分は記憶にない

●IGN: 77/100(PS4/Xbox One)
●VideoGamer: 70/100(PS4)
●Time: 50/100(PS4)
カジュアルなプレイヤー(シリーズ初挑戦かどうかに関わらず)は「7」作目には手を付けない。『Dead Space』や『Dying Light』のようなアクション性の高いサバイバルホラーのファンは今作の操作性に嫌気が差すだろうし、簡単に敵を把握できてしまうだろう。古くからのファンは、明確なターゲットだろう。しかし2017年においてサバイバルホラーは混み合っており、『バイオハザード7』に至るまでに見てきたものも多数あるし、より良い仕上がりのものがある。


バイオハザード7 & KITCHEN vs 稲川淳二 VRモードプレイムービー

レビュワーによりけりだとは思いますが、評価自体は高いしバイオの新たな挑戦は成功なのではないかと。
日本ではどう受け入れられるか、最終的なセールスも期待したいところです。

稲川淳二さんは怪談な雰囲気だけど、こうやって語ってくれると説得力はありますね。
VRでSIRENなんか発売されたら面白いと思うんだけどな…海外のJホラー人気に便乗するような感じじゃないと難しいのかな。
是非ともJホラー、だしてほしい。




newrss.jpg




[ 2017/01/26 14:03 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL