「東京ゲームショウ2016」開幕!今年もビジネスデイに参戦することができたので試遊タイトル紹介+雑感。  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

「東京ゲームショウ2016」開幕!今年もビジネスデイに参戦することができたので試遊タイトル紹介+雑感。

今年もビジネスデイに無事参戦させていただきました、絆を感じます。
昨日9月15日から開幕の「東京ゲームショウ2016」に行ってきました。
例年のごとくギリギリまで行けるかどうか分からない状態でしたが、無事参戦することができました。
今年は特にやろうと思ったタイトルがなかっただけに、例年よりものほほんとした気分で回ったよ。
SIEブースは開場から数分で120分待ちのタイトルや試遊ストップのタイトルがあったりしたので一般では要注意。

それでは試遊したタイトルとその雑感をサクッと書いていきます。

■NewみんなのGOLF
完全に前作の操作方法とか忘れてたけど、すんなり入り込めたね。
お姉さんが操作方法は前作のボタンを2回押すショットから3回押すものに変わりました…って言ってたけど、
そもそもどうだったっけ?という感じだったし即慣れ。いつものみんGOLの楽しさを存分に味わえました。
オープンフィールドに3つのコースが存在し、赤と青の2チームに分かれてのホール争奪戦。
イーグル3点、バーディ2点、パー1点でホールは何度でも回って問題なし、最終的に得点が多いとホール奪取。
特に操作方法に違和感なく自由にフィールドを行き来し好きなホールを回って遊べます。
トレーラーを見て気になった人、これまでのみんGOLが好きな人は試遊して満足するタイトルだと思います。
あと少しでアルバトロスってところを逃したのが一番のハイライトでした。早く発売しろ。

■Neo ATLAS 1469
まず感じたのは懐かしさ。
自分がプレイしたのは「2」だったと思うが、その時の思い出がよみがえった…ような気がした。
試遊時間内ではあまり楽しめないと思うが、雰囲気は前の作品そのままだったのでネオアトラス好きな人は問題ないのでは。
若干タッチを強要される部分が目立った気がするので、カーソルとかで対応してほしいところではあったが、
システムを調べても特にカーソル対応とか見受けられなかったのでタッチするしか無いのかもしれない。

■蒼き革命のヴァルキュリア
プロダクトコード欲しさと、前回の体験版からどこまで変わったか調べるために試遊。
走ったりガードは自由、攻撃やスキルなどを使うのはATBのようにゲージが溜まってから行動に移す戦闘スタイル。
シームレスな戦闘やバトルバレットというスキルを選択するコマンドが使えるようになったのが前体験版からの変更点かな。
正直、ストーリーは物凄く気になるけどゲームとして触っていて面白いかといったら…うーん。
もう発売まで日も無いし現状のシステムから大きく変わることはないと思うけど、製品版を触ったら楽しいって感じさせてほしいな…

■SDガンダム Gジェネレーション ジェネシス
最近のロボットシミュレーション系の戦闘シーンはすごいなと思いました。

■Birthdays the Beginning
ポピュラスとか好きだった人はハマるのかな。
自分で世界を創造し生き物を作り出す、とっても面白いコンセプトだしハマればハマると思う。
ただしTGSの10分~15分の試遊時間で楽しめるものだとは思わない方がいいと思う。
短い時間でなんとなくゲーム性を理解できるチャレンジモードとかあるけど、
こういった短い時間で区切られた体験でわかるような内容ではないと思う。
体験版を普通に配信していただきたい。

■ワールド オブ ファイナルファンタジー
そもそも気になってはいたけどどんな感じなのか掴めていなかったので試遊。
PS Vita版が待ち時間もなく並べたのでPS Vita版をプレイしての感想だが、面白かった。
グラフィックのクオリティは高いしロードなどもそこまで気にするほどのものでもない。
なので機種による違いはそこまで感じないんじゃないかな、もちろん買うとしたらPS4版だけど。
そして思っていた以上にRPGでした、ATBで普通にFFしている、単純にデフォルメ可愛い主人公なだけ。
普通の等身にもボタン一個で変更可能なのでデフォルメが気になっている人も問題ないのでは。
何よりミラージュの収集要素も楽しそうだし、ミラージュゲットした際のミラージュの説明がなかなか凝っている。
これはやる価値あり、買う価値ありだと思われます。
体験版の予定は考慮しているって前にインタビューで言ってたし、ぜひとも皆さん触ってほしいですね。

■地球防衛軍5
新しい地球防衛軍です。
地球防衛軍好きな人は納得できるのではないでしょうか。
空爆するぞって言ってるところにペイルで飛んでいってそのまま空爆に巻き込まれ何もせずに死んだのは良い思い出。
あとカエル星人が出現してきた際に我々人間と何も変わりないとか言ってたのがツボでした。

■キングダムハーツ HD2.8 ファイナルチャプタープロローグ
アクアを操作し崩れた橋を時を戻し修復して先に進むのが目的。
キングダムハーツとか初代以来だったけど、もちろん全然操作方法は分かりませんでした。
いろいろ分かりかけてきたところで時間切れでした。
後ろにいたKHファンらしき人がめちゃくちゃ褒めてたので、KH好きな人にはとてもおすすめです。

■この世の果てで恋を唄う少女YU-NO(オリジナル版)
まさにオリジナルって感じでした、サターン版しかやったことないから実感ないけど。
オリジナルに忠実っていうのは分かったけど、TGSまできて試遊するようなものでもないかなと。
リメイク版をやって違いを感じるっていうのなら良いかもしれませんが、すぐ隣に試遊台あるのでのぞき見程度でいいんじゃ。
買います。

■FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE
あまり変化は感じられませんでした。
L1を押すことでハイスピードモードになり、移動が速くなるのがとってつけたようなモードだけど悪くないのかなと。
その他もともとのクオリティが高かったせいかそこまで違いは感じませんでした。
ヴァンが何故に杖持ってたのかがよくわかりませんでしたが。

■ドラゴンボール ゼノバース2
対戦してたらソフトリセットしたかのようにスタート画面まで戻る×3を経験した瞬間もういいやったなりました。
1回だけしっかり対戦できた時は、DBゲームもここまで進化したんだなって感心しちゃいましたけどね。

■しあわせ荘の管理人さん。
悪くはないと思いましたが、セリフは飛ばせるわけじゃなく間延びした感じのを延々と聞いてたので若干ストレス。
リアルさを出すためにはスキップなど無い方がいいのかもしれませんが、せめてセリフを早送りできれば良かったな。
今回PS VRではなく普通にPS4で体験したんですが、これってPS VR対応ゲームだったんだね。
完全に専用だと思ってたので驚いちゃいました。思い込みって怖い。

■デ・マンボ(インディーズ)
説明がシンプルなスマブラみたいな感じですっていうとても分かりやすい説明でした。
今回のTGSで何気に一番盛り上がったゲーム、単純操作で十字キーと○ボタンを使うのみ。
最大4人の対戦でめっちゃ盛り上がりました。
PS4でも配信の予定があるとのことなので、これはちょっと体験してみてほしい。

■LA-MULANA 2(インディーズ)
前作がPS Vitaで発売されているけど、その続編。
以前クラウドファンディングも行われていたね。
上手く罠を回避しつつ中ボスを撃破、調子にのってどんどこ進んでたけど最終的に理不尽な罠にハマり死亡。
死にゲーなんだからそのぐらいがいいんだよ。こちらもかなり盛り上がりを見せました。

■バイオハザード7 レジデント イービル(ランタン)
gamescomでも紹介されたランタンの日本版。
言語や字幕など設定はできるが、普通に日本語の日本語字幕でプレイしてみた。
バイオらしいギミックや追われる恐怖感というものを体験できたが、本編とどう繋がるのかとか全てが謎で…
実際ランタンの紹介PVなどを見ていればそれほどプレイする必要性も感じ無いかなと。
PS VRを用いてのプレイは興味あるかもしれないが、PS4実機でプレイするのみなら別のものをした方がいいかも。

■コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア
何故か試遊はお一人様一回のみとなっていたのが印象的だったが、お友達に誘われ試遊。
マルチの体験でしたが、FPS苦手な自分には地獄…と思っていましたが、相手チームが思いのほか自分より苦手だったのか?
結構キルもこなして最終的に全勝。
特にノベルティとか書いてなかったけど、Tシャツとメガブロックが用意されてました。一回の理由はこれか。

以上。
興味ないわけじゃないけどボキャブラリーも少ない自分の頭から導き出された短文感想もありますが面白くないわけじゃない。
1人ぐらいには試遊タイトルの目安になればいいなと思い書きました。
来年もビジネスデイ行けるようだといいな、明日から一般デイなので参加する皆様気を付けていってきてくださいね!
newrss.jpg




[ 2016/09/17 00:21 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL