『夜廻』雑感。一瞬の油断が死を招くステルスゲー、フルプライスにしてはボリューム不足感が否めない。  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

『夜廻』雑感。一瞬の油断が死を招くステルスゲー、フルプライスにしてはボリューム不足感が否めない。

150703_yomawari.jpg

『夜廻』公式サイト

今更ながら『夜廻』感想、プラチナ取ってから随分経っているので微妙かも。
ジャパニーズ・ホラー不足が進んでいるPSハードのタイトルの中、鳴り物入りで発表された『夜廻』。
実写トレーラー(当初この辺の言及無かったので、本当にこのクオリティのタイトルかとも思われた)から期待度はMAXだった。



実際に発売されたのは実写のようなものでは無く、デフォルメされた可愛らしい女の子が愛犬とお姉ちゃんを探す物語。
実写トレーラーからの流れで若干がっかりしつつも期待度は変わらず、ようやく発売されたのが本作である。
初週の売上は2.2万となかなかな売上で結構な黒字になったのでは無いかと思う。
この売上で更なるジャパニーズ・ホラー要素のあるタイトルを開発して欲しいところである。

『夜廻』の感想としては、最終的に満足感は得られたがこのボリュームでフルプライスは高く感じられた。
同じ開発の『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』は初回生産のみパッケージ、基本はDL版だったがその流れで良かったのではないか。
内容としては2000円、高くても3000円程度なら納得できるかなと思った。

ストーリーは前述してある通り女の子が愛犬とお姉ちゃんを探す物語。
舞台となるのは夜の町、明るいところと言えば自宅ぐらいしかなく基本はジメっとした町中を散策する。
雰囲気は良く、サウンドもリアルなので動画などを見て惹き込まれた人は問題ないかもしれない。
ただホラー要素だけを期待すると、単純に敵に当たらないように逃げ回り目的地を目指すものなので煩わしさがあるかも。
おばけの種類も別段多いわけでもなく、捕まると画面が血みどろになり即死で最後のオートセーブからやり直しとなる。
結果的に最後まで難しいミニゲームを解くわけでも、難しいアクションを強いられるわけでも無いので単純作業が目立つ。
この単純作業を面倒だと思ってしまう人にとっては低い評価となってしまうかもしれない。

151214_yomawari_05.jpg151214_yomawari_01.jpg

クリアした感想としては敢えて「正解」を出さずにユーザーに託している感があり、この辺は個人的に良いと思った。
何故あそこはああなったんだろ、何故こういった結果になったんだろうという考察する楽しさがこのゲームにはある。
「正解」が無いもどかしさはあるが、だからこそこのゲームが成り立っているのではないだろうか。

誰もいない町、お姉ちゃんと犬しか出てこない家族、よまわりさん。
この辺が気になる。

収集物に説明はあるけど、出会ったおばけの説明なんかが追加されていくギャラリーなんかがあれば良かったな。

151214_yomawari_02.jpg151214_yomawari_06.jpg

続編が出るようなことは無いと思うが、同じような系統のタイトルはまた出しても良いんじゃなかろうか。
その時には今回のようなフルプライスでは無く『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』形式でお願いしたい。

151214_yomawari_03.jpg151214_yomawari_04.jpg
151214_yomawari_07.jpg



夜廻
夜廻
posted with amazlet at 15.12.12
日本一ソフトウェア (2015-10-29)
売り上げランキング: 1,052



【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2015/12/14 23:48 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL