FC2ブログ

『Horizon Zero Dawn』に登場する機械恐竜“Thunderjaw”は55万ポリゴンだとか、その他幾つかの細かなディテールが明らかに。  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

『Horizon Zero Dawn』に登場する機械恐竜“Thunderjaw”は55万ポリゴンだとか、その他幾つかの細かなディテールが明らかに。

150618_horizon.png

『The Order: 1886』の主要キャラが10万、『God of War III』のクレイトスさんが2万程度だとか。

「Horizon Zero Dawn」に登場する巨大なメカT-Rexの3Dモデルは55万ポリゴン規模に « doope! 国内外のゲーム情報総合サイト

先日、主人公“Aloy”の誕生に影響を与えた著名なキャラクターとして、サラ・コナーやエレン・リプリー、そして人気ドラマ“ゲーム・オブ・スローンズ”のイグリットといった力強い女性像が挙げられた“Guerrilla Games”の新作「Horizon Zero Dawn」ですが、新たにOPM誌最新号に本作のプレビューが掲載され、アナウンストレーラーに登場した巨大なロボT-Rex“Thunderjaw”のポリゴン数がなんと55万(※ “The Order: 1886”のフォトリアルな主要キャラクター達が10万超えだった)規模に達していることが判明。さらに幾つかの興味深いディテールが明らかになっています。

・“Thunderjaw”の3Dモデルは約55万ポリゴン。

・“Thunderjaw”のアニメーションは271種に達し、67種のビジュアルエフェクトが用意されているほか、ヒットリアクションの数は60種を超える。

・武器はレーザーやガトリングガン、クラシックな踏みつけ、背中の巨大なディスクランチャー(※ トレーラーではAloyがこれを破壊し、自身の武器として利用した)を含め12種の武器を備えている。

・映像にも確認できるダメージによって破壊可能な装甲パネルの数は63枚に及ぶ。


破壊可能なパネルの内部まで入念に作り込まれた“Thunderjaw”は、確かに類を見ない規模のディテールを持つメカですが、ポリゴン予算の規模やLoDの概要こそ不明ながら、本作には広大なオープンワールド環境や豊かに生い茂る草木、非常にリアルなボリューメトリックの雲、美しい赤毛の長髪と豊かな表情をもつ主人公Aloyなど、膨大な数のオブジェクトが同時に存在しており、killzoneシリーズで常に技術的な革新を続けてきたGuerrillaがどんな取り組みを進めているのか、今後の続報に大きな期待が掛かるところです。
余談ながら、昨今のビデオゲームに登場するキャラクターのポリゴン数は、前述した“The Order: 1886”の主要キャラクターが10万ポリゴン超え、God of War IIIのクレイトスさんが2万ポリゴン、Beyond: Two Soulsのジョディが約3万ポリゴン、Ryse: Son of Romeの主人公Mariusが85,000ポリゴンだったことが知られていました。


正直数字での凄さっていうのが55万っていうだけだと伝わってこないけど、例を出されると凄いなって思うね。
何より凄いのがこれだけじゃなく、オープンワールドでさらに他の敵も闊歩してるってところだよね。
これで処理落ちとかされたら萎えるけど、そこはユーザー目線であったらいけない事って理解してるだろうな。

作りこんで欲しいけど早くプレイしたい、矛盾しているけど本当にこういった気持ち。
世界中で楽しいと思えるゲームにつくりあげていってほしいね。



KILLZONE SHADOW FALL
KILLZONE SHADOW FALL
posted with amazlet at 15.08.14
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2014-02-22)
売り上げランキング: 984


newrss.jpg

[ 2015/08/15 00:15 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL