FC2ブログ

坂口氏「公約の『テラバトル』200万DLでのコンシューマー版は軽い気持ちで書いた、約束はしっかり守る」  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

坂口氏「公約の『テラバトル』200万DLでのコンシューマー版は軽い気持ちで書いた、約束はしっかり守る」

141004_TB.jpg

連続ログインし忘れてすっかりやる気が無くなってしまった。

【台北ゲームショウ2015】『テラバトル』の坂口博信氏「家庭用版の約束は守る」 | インサイド

『ファイナルファンタジー』を始めとする様々なRPGを手がけてきた伝説的なゲームデザイナーである坂口博信氏。同氏が現在手掛けるのはスマートフォン向けのRPG『テラバトル』ですが、家庭用ゲーム機版についても前向きな発言がありました。

台湾の大手ゲームメディア「バハムート」のステージに登壇した坂口氏は、『テラバトル』で行っているダウンロード数に応じて様々な公約がされている「ダウンロードスターター」で、「コンシューマー版の開発開始」を定めた200万ダウンロードが間近となっている事について次のようにコメントしました。

「最初は200万も行くとは思わず、軽い気持ちで書いたのですが、台湾でもサービスが始まりますし、200万を突破したらやらなきゃいけないと思っています。まだ固まったアイデアは無いのですが、約束ですので、楽しいものを作りたいですね。」

『テラバトル』の中文版は4月からサービス開始が決定。坂口氏は「既に日本語版を楽しんでいただいている方が沢山いらっしゃって嬉しい限りですが、改めて開始となりますので是非楽しんで欲しいです」とコメント。「様々なアイデアがあり、1年後には今よりリッチで楽しめる進化した『テラバトル』をお見せできるようにしたい」と今後の更新についても期待を持たせました。

また、今後はコラボなども登場するかもしれません。「『テラバトル』ではまだコラボはやっていないのですが、自分自身は30年近くゲームを作ってきて、色々な交流がありますので、『テラバトル』らしいちょっと変わったコラボができればと思っています」(坂口氏)。また、アニメや漫画化などについても「話があればやりたい」と前向きな姿勢を見せました。

坂口氏はアップデートで進化していくスマホゲームを楽しんでいる様子。ゲーム開発についても「少人数でやっているので、ミーティングというよりは飲みながら喧嘩をしながら、3日に1回くらいは熱くなってワイングラスを割ってしまうような楽しい開発をやっています」と話してくれました。

10年前に手掛けた『ブルードラゴン』や『ロストオデッセイ』でも台湾でのリリースを経験したという坂口氏。台湾のユーザーは熱く、ゲームに対する愛情を感じると語りました。ステージの終了後には、ユーザーがステージに駆け寄ってサインを求める場面も。快く応じた坂口氏は表情を緩ませていました。


さすがに冗談だよね、軽い気持ちだったっていうのは。
これが冗談じゃなかったら色々とまずいでしょ、俺的に。
構想すら練ってないかもしれないけど、出来たら身近なハードで出てくれたらいいな。

色々アップデートもされてるし、テラバ再開するか…


【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2015/01/30 18:45 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL