いよいよ明日発売!『コープスパーティーBLOOD DRIVE』体験会、質疑応答編。何故PS Vitaを選んだのかなど気になる質問をぶつけてきたよ!  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

いよいよ明日発売!『コープスパーティーBLOOD DRIVE』体験会、質疑応答編。何故PS Vitaを選んだのかなど気になる質問をぶつけてきたよ!

1406_corpse.jpg

『コープスパーティーBLOOD DRIVE』公式サイト

この記事は コープスパーティー BLOOD DRIVE (PS Vita) ブロガー体験会に参加して掲載されています。本企画への参加および記事掲載に対する金銭の報酬はありません。また記事用に配布された画像素材を用いて作成されています。なお事実誤認の修正ならびにこの文章の掲載以外、メーカー等から記事の内容への関与は一切ありません。
前回のプレイレポートに続く、質疑応答編。

シリーズ最新作にして最終章、『コープスパーティーBLOOD DRIVE』の体験会に参加してきました! Part1

それにしても、プレイした感想を書いた記事のタイトルが「Part1」なのに今回「Part2」でもなくグダグダに。
その分内容はしっかりと書かれているのでイーブンって事でお願いします。

プロデューサーの野村氏への質問、回答は以下から。

--色んなところから声が出てきて、音に拘っているなと思ったのですが、その辺の話を聞かせていただけますか。

野村氏:
元々一作目を作ったときにダミーヘッドマイクがちょうど社内にあったため実験的に使ってみようとなりました。その結果プレイヤーからの評価も良かったのでシリーズで使っています。ホラーゲームだったり萌えゲーの耳元で囁くシーンでよく使うものなので、その臨場感を重要視して作ってみました。是非暗いところでヘッドホンをつけてプレイして欲しいです。



--オプションのボリュームセッティングで既に全て100ではなく色々と変更されていましたが、これが推奨ということでしょうか?

野村氏:
ダミーヘッドマイクは空間の中でマイクを真ん中に置いて録っているので、どうしても他の音声に比べると音が小さめになってしまいます。そこでBGMを100で流してしまうと聞こえ辛いというのがあり、こちらとしてはBGMを抑えてほしくデフォルトは抑え目にしています。



--シリーズものなので、これまでのシリーズをプレイしている人が一番楽しめると思いますが、このシリーズを初めてプレイする人でもこれまでの流れが分かる要素があるのか教えて下さい。

野村氏:
大体ゲームの流れだと序盤の部分で今までのおさらいをやっていて、後はクリアするとコープスパーティー辞典がボーナスで見れるようになっていて、結構特殊なシリーズならではの言葉などを補完できるようにしています。ただ今後進んでいくにあたって特に前のシリーズを振り返ってといった表現はありません。特に過去を知らなくてもプレイが出来るようにはなっています。



--実際の祝詞を声に出して言っているところがありましたが、それで怪奇現象が起こったりとかは無かったんですか。

野村氏:
そこに関しては無かったです。大体シリーズ製作中に何かあるのですが、今作に関しては特にありませんでした。あゆみ役の今井麻美さんがこのシリーズをやると必ず体調を悪くするのですが、今回もそれがあったぐらいです。



--アドベンチャーパートは○ボタンを連打しているだけで読み進む感じでしたが、分岐のようなものはあるのでしょうか。

野村氏:
アドベンチャーパートに分岐は今作では入れていません、探索パートでどうするかといった感じになっています。今作は天神小シリーズの完結編ということもありじっくりシナリオの部分を読んでほしいと思っているため分岐は入れていません。



--背面タッチなどPS Vitaらしさを感じる部分がありませんが、どこかにあるのでしょうか。

野村氏:
ハードならではなところは今回入れていません。一作目と同じシステムでやっているため、一作目と同じプレイ感覚でやってほしいと思っています。全く同じというわけにはいかないので、×ボタンを押しながらダッシュが出来たりといった操作は取り入れています。それと、PS Vita TVがありますので、そちらでプレイするとハードならではな機能が使えなくなってしまうためどちらでも出来るように特にそういった操作は取り入れていません。



--普通のチャプタークリア時のエンディングとは違った、バッドエンディングやグッドエンディングなどの総数はどの程度あるのでしょうか。

野村氏:
全部でチャプターが10章ありますが、シナリオとして組まれているバッドエンドと亡霊などに捕まった時のバッドエンドなど合わせると正確な数は分かりませんが確か25ぐらいあったと思います。コープスパーティーはバッドエンドを楽しむといった感じのところもあるので、その辺はちゃんと考えています。



--今回PS Vitaだけにした理由、PSPとのマルチや据え置きでは考えなかったのでしょうか。

野村氏:
シリーズをずっと携帯機で出していたため、携帯機でと思っていました。最初はPSPのつもりでいましたがPS Vitaが出てきて、先を見るとPS Vitaにかわると思いPS Vitaを選びました。据え置きに関してはこれまで携帯機ということもありとりあえずはPS Vitaのみでと考えていましたが、今後はどうなるか分からないので可能性としては0ではないと思います。



--現在PCで『コープスパーティー2』がありますが、今後『2』に対する動きや新たなオリジナルシリーズなど考えていたりしますか?

野村氏:
原作でシナリオを書かれている祁答院さんが『2』も作られているので、あるかもしれませんね。コンシューマーで天神小シリーズが今回で完結なので、評判が良かったりユーザーからの声などモチベーションで新しいものを作りたいと思えば何かあるかもしれませんが、今のところは今回で終わりと考えています。



--過去作のリメイクをPS Vita向けに出す可能性はありますか?

野村氏:
現在PSPのタイトルをPS Vitaで遊べるので、その辺もユーザーの声次第になってくると思います。ただリメイクする場合は単なる移植ではいけないので、例えば『BLOOD DRIVE』の3Dを使ったリメイクになるとコストや時間がかかってしまうのため、やらないといけないという考えは今はありません。自身としては『Book of Shadows』がアドベンチャータイプのゲームのため、キャラ探索型のゲームとしてみたいとは思います。僕の気持ちでは(笑)


そんなわけで、気になる質問が出来たかは分かりませんが上記な結果となりました。
個人的にもした質問でもあるのですが、オリジナルシリーズに関しては是非ともお願いしたいな。
コンシューマーでしか出来ない『コープスパーティー』なんて、なんか素敵やん?
それとPS Vitaでのリメイクに関しては是非お願いしたいですね!主にトロフィー的に。

公式サイトの「プレイレポート」にこのブログへのリンクも作っていただき感謝ですね。
質疑応答が発売の前日のアップという(狙ったんだけど)かなりギリギリな感じになってしまったためプレイ記事に対してのみとなりますがとても嬉しいです。
いよいよ明日発売、皆様恐怖に慄いて下さい!
あゆみの壁ドンは何だか感動すら覚えたため是非見てほしい。







【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2014/07/23 11:35 ] 体験会記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL