FC2ブログ

日経「任天堂がスマホ活用へ。有料課金型は見送り、ゲーム情報や無料ミニゲームを提供していき新規顧客を掴む。」  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

日経「任天堂がスマホ活用へ。有料課金型は見送り、ゲーム情報や無料ミニゲームを提供していき新規顧客を掴む。」

nintendo1.jpg

任天堂公式サイト

悪くないとは思う。
情報元:日本経済新聞

任天堂、スマホ積極活用 無料ミニゲームで新規顧客掘り起こし

任天堂は年内にも自社ゲーム機やソフトの販売を増やすためスマートフォン(スマホ)を積極的に活用する。スマホ向けに新作ゲームの情報を提供するほか、ゲームの世界観を紹介した動画や無料のミニゲームを用意し、新規の顧客を掘り起こす。同社は2014年3月期に3期連続の連結営業赤字となる見通し。30日に発表する事業戦略にこれらの策を盛り込む。

ゲームソフトに関する情報ではストーリーや登場キャラクターの紹介、発売日や販売価格など幅広く提供する。スマホ用に無料のミニゲームを用意し、短時間遊ぶことで面白さを実感してもらい、ソフトの購入を促す。スマホ向けに有料・課金型のゲームを直接提供することは見送る方針だ。

現在、据え置き型ゲーム機「Wii U」や携帯型の「3DS」の本体からソフトをダウンロードして購入できるが、それをスマホからも購入できるようにする。利益率の高いネット経由の販売を増やすのが狙いだ。


このほか事業戦略には、「マリオ」などゲームキャラクターの版権ビジネスの積極化や、アジアなど新興国でのゲーム販売の強化などを盛り込む方向。ハード別に分かれている開発部隊の一体化で、次世代ゲーム機やソフトの開発力も高める。


既に先日行われた記者会見でスマホへの可能性は発言しており、どう切り込んでいくかが注目されていたと思いますが狙いとしては悪くないのではないでしょうか。
「有料・課金型のゲームを直接提供することは見送る方針」とのことだが、検討自体はしているのだろうか…
スマホとの競合を意識するのではなく、どう共存していくかというのを第一に考えた方がいいと思うだけに上手く活用していけるかが今後の課題だと思います。
試行錯誤を重ねるとは思いますが、出来る限りのベストな形で提供していってほしいですね。
そして正直、スマホの活用だけに限らず任天堂に足りない部分というのは記事の最後にもある通り「開発力」も絡んでくると思います。ハード別に分かれている開発部隊を一体化させることが向上へと繋がるのかは正直、規模なども関係してくると思うので分かりませんがHD機での開発、更にはこれまでの客層とは違った客層の取り入れなど改善点は多々あると思うので一つ一つ攻略していかないといつまでも同じことを言われ続けるだけではないですかね。

この日経の情報が何処からの情報なのかは分かりませんが、真偽に関しては30日の「経営方針説明会」にて具体的な発表がされるのを待ちましょう。



Wii U すぐに遊べるファミリープレミアムセット(シロ)
任天堂 (2013-10-31)
売り上げランキング: 288

ニンテンドー3DS ライトブルー
任天堂 (2013-03-20)
売り上げランキング: 214



【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2014/01/28 08:18 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(1)
日経だが二日後のことだし、この程度の展開話なら本当っぽいな
[ 2014/01/28 12:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL