FC2ブログ

『I Am Alive』がESRBのレーティング審査を通過  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

『I Am Alive』がESRBのレーティング審査を通過

110820_iamilive.jpg

『I Am Alive』公式サイト(海外)

Ubisoftより2011年発売予定の『I Am Alive』(PS3/360/PC)。
本作が北米のレーティング審査を通過したようです。
情報元:Game*Spark


浮かんでは消え、浮かんでは消えを繰り返しているUbisoftのサバイバルアクション『I Am Alive』が、北米でのレーティング審査を通過した事が明らかとなりました。審査を行ったESRBのサイトにはゲームに関する幾つかの詳細も記載されています。

■ 対象プラットフォームはPC/PS3/Xbox 360

■ レーティングはMature(17歳以上)

■ 流血、激しい暴力、性的な表現、汚い言葉を含む

■ 崩壊した世界で家族を探すアクションゲーム

■ プレイヤーは三人称視点で廃墟となった都市を渡り歩き、時にはナタで人間の敵を殺すなど近接スタイルの戦闘を行う

■ 戦闘はリアルな発砲音や斬撃音、苦痛の叫びを伴う

■ 撃たれた際キャラクターは血しぶきをあげる

■ プレイヤーは喉を掻っ切る、突き刺す、拳銃で殴るといった技で、気づいていない敵や負傷して弱った敵に止めを刺す能力を持っている
 
 * これらの場面ではカメラが接近し、プレイヤーにボタンを押させるなどして強調される

■ ゲーム中、プレイヤーは近くの敵から救う事ができる女性と遭遇する

 * 性的な虐待は会話中で暗示される
 
 * あるシーンでは男が捕えた女性を脅し、撫で回そうとするシルエットが映し出される
 
■ 会話中には“P*ssy”や“F**k”といった言葉がでてくる

これといった新しい情報は含まれていませんが、レーティング審査を通過した事は開発が着々と進んでいるとみて良いのではないでしょうか。今後の更なる続報に期待です。


オーストラリアのレーティング機関に続き、北米のレーティング機関ESRBも通過。
特にこれといった新情報は無いですが、これだけで一応リリースに向け動いているんだなというのは分かります。
海外版『絶体絶命都市』っぽいという印象からはどんどん離れていっているような気がしますが、正式な情報はいつ頃発表となるのでしょうか。



Prince of Persia Trilogy(輸入版)
UbiSoft(World) (2011-04-19)
売り上げランキング: 2485

Resistance Greatest Hits Dual Pack 輸入版
Sony Computer Entertainment
売り上げランキング: 28735



【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2011/09/29 00:57 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL