FC2ブログ

【噂】“E3 2011”で任天堂が新たなコンソールを発表するらしい  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

【噂】“E3 2011”で任天堂が新たなコンソールを発表するらしい

100216a.jpg

任天堂公式サイト

これまでにも噂が出ては否定を繰り返していた任天堂のWii次世代機。
そんなWiiの次世代機が今年のE3で発表されるといった話しが海外では流れているようです。
情報元:VG247/インサイド/Game*Spark

今回Game InformerやIGNなど、海外大手サイトからもついに飛び出した任天堂の新型ゲーム機の噂について、他の情報元から新たなディテールが寄せられています。

CVGは“著名な国際的業界筋”から得た情報として、Wiiの後継機が「Xbox 360やPS3よりパワフル」「6月のE3で発表」と報告。ここまでは既出ながら、さらに具体的な情報として「全く新しいコントローラー」について言及しています。

「単純なWiiリモコンのアップグレード版ではない」とされるそのコントローラーは、「内蔵HDスクリーンを搭載」するとのこと。それがDSのタッチスクリーンのような機能を持つかは定かでないとしつつ、“エクストラ”なスクリーンがゲームの革新となるとの期待をつづっています。

他のサイト同様に「任天堂は2012年後半のローンチを計画している」と伝えられるWiiの後継機(あるいは任天堂の新型ゲーム機、といった方が適切かもしれません)。これらの報道に対し、Nintendo of Americaのスポークスマンは「ノーコメント」としています。


様々な情報が飛び交う“Wii 2”こと任天堂の新型ゲーム機について、さらに具体的なニュース。今度はフランス、01netというサイトからです。他のサイトでも伝えられる情報を補強しつつ、ここでは、もう少し具体的な情報も明かされています。

■任天堂の新型機は内部で“Project Cafe”と呼ばれている

■Xbox 360に似た構造を持つ、しかしもう少しパワフル

■仕様(3コアカスタム IBM PowerPC CPU、シェーダーver. 4.1 ATI R700同系 GPU、少なくとも 512MB RAM )

■Wii(※全ての周辺機器を含む)とゲームキューブのゲームに対する互換性

■コントローラーは6インチのタッチスクリーン、フロントフェイスカメラ、Dパッド、2つのバンパー、2つのトリガー、+αを搭載。Wiiセンサーバーとしても使用可能?

■2012年後半発売。E3では新型機についてさらなる“ビッグサプライズ”を用意している

「ドルフィン」、「レボリューション」、そして「プロジェクト・カフェ」。同サイトは過去に、公式発表よりずっと前にNGPのスペックを報告していたという話もあり、今回も何らかの確かなソースを持つ可能性も。ただ公式発表はなく、現時点ではあくまで噂の域を出ていません。

Game Informerが複数のソースから得た情報では任天堂が今年のE3でWiiの後継機となるコンソールを発表する、更にそのコンソールは既にサードパーティに公開されているなど伝えられています。
その他上記のような内容の情報が噂には過ぎませんが一気に出てきたのには何かしら訳があるのか…
本当だと仮定し任天堂のコンソールとしてはここで初めて機能的にPS3や360と並ぶわけですが、ここからどう攻めてくるのか。
サードパーティーとしてはマルチとして出しやすくなると思いますが、結局それは購入欲をかき立てるものではなく現行のPS3や360で良いと思ってしまいそうですし、魅力ある独占作やファーストである任天堂のタイトルを前面に持っていかないと難しそうですよね。
どの様な戦略、どの様な性能なのか気になります。



Wii本体 (シロ) (「Wiiリモコンプラス」同梱) (RVL-S-WAAG)
任天堂 (2010-11-11)
売り上げランキング: 132



【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2011/04/16 09:08 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL