FC2ブログ

 PSP後継機となる次世代携帯型エンタテインメントシステム「NGP」まとめ  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

PSP後継機となる次世代携帯型エンタテインメントシステム「NGP」まとめ

110128a.jpg

「PlayStation Meeting 2011」公式サイト

「PlayStation Meeting 2011」で発表されたPSP後継機「Next Generation Portable(NGP)」。
次世代携帯型エンタテインメントシステム「NGP」の情報をまとめてみました。
次世代携帯型エンタテインメントシステムを発表
~究極のポータブルエンタテインメント体験を提供し、携帯ゲーム機市場の更なる拡大を目指す~

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、本日、究極のポータブルエンタテインメント体験を提供する次世代携帯型エンタテインメントシステム(コードネーム:NGP)を発表いたしました。NGPは、2011年末に発売する予定です。

NGPは、今までにないインタラクティブなエンタテインメントの世界を「プレイステーション」上で実現するために開発された専用のシステムです。NGPは、PSP®「プレイステーション・ポータブル」および「プレイステーション 3」プラットフォーム上で実現してきた最先端のエンタテインメント体験をさらに進化させ、高品質なゲームの世界を現実に取り込みつつ、現実の体験と連動するような革新的な遊びを可能にします。

最先端の携帯型エンタテインメントシステムとして、NGPは、「プレイステーション」のDNAの核である、深くて、没入感のあるゲーム体験をユーザーの皆様にお届けします。PSP®で採用したWi-Fi方式に加えて、NGPは新たに3Gネットワークへのアクセスにも対応、さまざまなアプリケーションとの連動により、ユーザーの皆様は、日常生活の中で他のユーザーの皆様との新たな「出会い」、「つながり」、「発見」、「共有」、「遊び」といった無限の可能性を、NGPを通じてお楽しみいただけます。

NGP Gallery

110128b.jpg 110128c.jpg
110128d.jpg 110128e.jpg
110128f.jpg 110128g.jpg
110128h.jpg

NGP Spec
CPU ARM® Cortex™-A9 core (4 core)
GPU SGX543MP4+
外形寸法 約182.0 x 18.6 x 83.5mm (幅×高さ×奥行き)(予定、最大突起部除く)
スクリーン
(タッチスクリーン)
5インチ(16:9)、960 x 544、約1677万色、有機ELディスプレイ
マルチタッチスクリーン(静電容量方式)
背面タッチパッドマルチタッチパッド(静電容量方式)
カメラ前面カメラ、背面カメラ
サウンドステレオスピーカー内蔵
マイク内蔵
センサー6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸電子コンパス機能
ロケーションGPS内蔵
Wi-Fiロケーションサービス対応
キー・スイッチ類PSボタン
電源ボタン
方向キー(上下左右)
アクションボタン(△、○、×、□ボタン)
Lボタン、Rボタン
左スティック、右スティック
STARTボタン、SELECTボタン
音量+ボタン、音量-ボタン
ワイヤレス通信機能モバイルネットワーク通信機能(3G)
IEEE 802.11b/g/n(n = 1x1)準拠(Wi-Fi)(インフラストラクチャーモード/アドホックモード)
Bluetooth® 2.1+EDR準拠(A2DP/AVRCP/HSP対応)

特徴

NGPは、最先端の次世代携帯型エンタテインメントシステムとして、以下の様々な特長を備えています。

・美麗な有機ELディスプレイと革新的なユーザーインタフェース
NGPの本体前面には、マルチタッチに対応した5インチの美麗な有機ELディスプレイを採用しました。高性能なCPUおよびGPUに加えて、大型有機ELディスプレイを組み合わせることにより、携帯機器では最高クラスのゲーム描写を実現するほか、各種デジタルエンタテインメントの楽しみをさらに拡げます。また、本体背面にマルチタッチパッドを搭載し、本体前面のマルチタッチスクリーンと組み合わせて使用することで、ゲームプレイに「触る・つかむ・なぞる・押し出す・引っ張る」といった立体的な感覚を取り込むことができ、NGP上で展開されるゲームの世界を直接触る新しい体験が可能になります。

・スーパーオーバルデザインとデュアルアナログスティック
NGPの本体形状には、PSP®の特徴的なシルエットを継承しながら、より手に馴染みやすいスーパーオーバルデザインを採用しました。また、PSP®のユーザーの皆様から大変ご好評いただいているアナログパッドをさらに進化させ、NGPには2つのアナログスティックを本体前面の左右に搭載、究極のポータブルエンタテインメントシステムに相応しいゲームの操作性を実現します。

・LiveArea™(ライブエリア)
ゲームの楽しさを多くのユーザーと共有し、より活発なコミュニケーションを可能にする場「LiveArea™」を全てのゲームに提供します。ユーザーの皆様は、ネットワークを通じて自社およびソフトウェアメーカー各社様から提供されるゲームの最新情報を取得できます。また、「LiveArea™」では、同じゲームを楽しんでいる他のユーザーの達成状況が“Activity(アクティビティ)”として常に更新されるなど、リアルタイムでのインタラクティブ・コミュニケーションが可能になります。

・Near(ニア)
NGPでは、PlayStation®Networkの基本サービスとしてユーザーの皆様の位置情報を活用した新たなサービスを提供、本サービス向けに開発したアプリケーション「Near(ニア)」をNGPに標準搭載します。「Near」は、ユーザー本人の現在の位置情報をもとに、周辺にいる他のユーザーが今どのようなゲームを楽しんでいるのか、あるいは、ユーザー本人の足跡をNGP上でたどり、同じ場所にいた他のユーザーがどのようなゲームを遊んでいたのかといった情報を入手することができます。ユーザーの皆様のゲーム情報が時間と距離を超え共有されることで特定のゲームジャンルにとらわれることなく、新たなゲームや他のユーザーとの出会いが拡がります。

・NGP専用カード
NGPは、新たなゲームメディアとして“NGP専用カード”を採用いたします。フラッシュメモリーベースの小型カードで、将来の大容量化も可能です。また、フラッシュメモリーの特性を活かし、ゲームのセーブデータや追加コンテンツなどを直接保存することもできます。
さらに、NGP本体は、前面と背面にそれぞれカメラを搭載するほか、ジャイロ、加速度、電子コンパスの各センサーを内蔵、これらの機能を組み合わせて使用することで現実世界におけるユーザーの皆様の姿や動きなどを取り込むような遊びもお楽しみいただけます。

また、NGPは、本日発表したPlayStation®Suite「プレイステーション スイート」(PS Suite)とも連携します。アンドロイドOS搭載携帯型端末向けに新たに開発されるコンテンツも、NGPでお楽しみいただくことが可能です。NGPで最先端のコンテンツにアクセスしていただけるのに加え、PS Suiteが提供するカジュアルな楽しみを発見することができます。
SCEは、今後も、2011年末の発売に向け世界各地で開催されるイベント等を通じ、皆様にNGPの魅力を訴求していくとともに、携帯ゲーム機市場のさらなる拡大を強力に推進してまいります。

・紹介ソフトラインナップ
KILLZONE
Call of Duty
ハスラーキング
GRAVITY DAZE
Reality Fighters
Smart As
Broken
リトルビッグプラネット
Little Deviants
WipEout
RESISTANCE
アンチャーテッド
みんなのGOLF NEXT


参入ゲームソフトウェアメーカー
2011/01/27 現在(社名五十音・アルファベット順/ 敬称略)
110128i.jpg

確定情報
【特徴】
・トロフィー機能が存在
・カラーはブラックとホワイト
・PSP-3000の外形寸法「約169.4×18.6×71.4mm」と比べ若干幅と奥行きが大きい

不確定情報
【価格】
・欧州ソニーの関係者が「250~300ドル/ユーロに出来るよう努力している」と語る
・GameInformerがSCEWWSの吉田氏に599ドルになるか聞いたところ、「599ドルにはならない」と伝える
・SCEEのAndrew House氏がEurogamerに「携帯機に見合った買いやすい価格」と語る

【モデル】
・SCEEのAndrew House氏がEurogamerにWi-Fiは全モデルに、3Gは特定のモデルに搭載と語る
・日々是遊戯Twitterでは3G無しモデルの予定は無しと伝える

【バッテリー】
・Eurogamerが掴んだソース曰く、4~5時間

















足りない部分も多いかと思いますが、ざっとまとめた感じだとこういったところ。
「NGP」の性能などは文句なし、後は不確定要素である価格やバッテリー問題が気になるところ。
正直個人的には据え置きラブで、携帯機への感心はそれ程高いわけじゃないのですが今回は終始興奮。
早く続報、というか発売して欲しいと思ってしまうぐらい。
価格に関しては常々3万を線引きとして、それ以上は「ゲーム機」として売るのは難しいだろと思っていたのですが内容を見た瞬間5万までなら出せる!とか勝手に思ってしまったぐらい。
予想としては今年のE3で更なるラインナップや正式名称の発表、TGSにて試遊可能、そして価格を発表し12月発売。
UMDの廃止に関しては、勿論互換はあった方が良いと思うけど後々を考えればPSPと併売で良いと思う。
それよりも互換を無くすのなら、日本ではローンチをしっかり揃えないと厳しいことになりそうなのでそこをお願いしたい。
海外ではローンチも大事だと思いますが、価格さえ抑えられれば性能は満足しそうなのでPSPの二の舞は無さそう。
今年は「3DS」、「NGP」と新ハードも登場し益々ゲーム業界が熱くなる年になることを願います!


【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2011/01/28 10:38 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(3)
任天堂は、これまでと同様子供と流行に弱いアホな大人を騙すしかないな
[ 2011/01/28 14:12 ] [ 編集 ]
有機ELディスプレイも携帯機との相性良さそうですね。消費電力もそうですが
屋外でのプレイにも上手く適している気がします。これに搭載されるものが
新型なら品質にも期待できそうです。NGP特有の操作以外はPS3との連動を意識
してかボタンの数や配置をデュアルショック3に近づけた感じがしますね。
Moveとも近づきそうですけど。個人的に価格はか2~3万前半ならいいなぁって
思います。あと3Gなしモデルはないんじゃないかなって思ってます。PS3のとき
もHDDなしモデルをだしませんでしたから…でも海外だと違ってきますかね。
[ 2011/01/28 19:29 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
あさん>
ターゲット層が違うだけで、そういったわけじゃないんじゃないですかね?

プーさん>
知識無いのでこれにこれだけ使われていたら○円は余裕越えだろ!みたいなの分からないんですが、とりあえず超期待。
そしてモデルに関しては日本と海外で違ってくるかもしれませんね、この辺は上手い具合に出していってくれたらと…
[ 2011/02/05 14:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL