FC2ブログ

ActivisionがEAを訴訟、Infinity Ward関連で損害賠償は4億ドル  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

ActivisionがEAを訴訟、Infinity Ward関連で損害賠償は4億ドル

101223a.jpg

Infinity Wardの幹部である2人が解雇され退社するといったいざこざにまでなった問題。
最近めっきり話を聞かなくなったと思ったらとんでもないことになっていました。
情報元:GameBusiness

Activisionを解雇されたInfinity Wardの元幹部Vince Zampella氏とJason West氏。
この一件を巡るActivisionとElectronic Artsの争いは4億ドルもの損害賠償を求める起訴問題となっているようです。
そもそもの問題は以下のようになっているようです。

アクティビジョンがロサンゼルスの上級裁判所に提出した39ページにも及ぶ訴状の内容によると、EAは早くて2009年の7月頃から、アクティビジョンとの契約期間が2年以上も残っているのに関わらず、Eメールや代理人を介してInfinity Wardの幹部Jason West氏とVince Zampella氏に接触。

2009年8月には、プライベートジェットを用意してサンフランシスコ近辺にあるEA CEOのJohn Riccitiello氏の自宅に二人を招待すると、秘密のミーティングを行って引き抜きを働きかけたとのこと。

アクティビジョンはこれらの行為が不当競争や受託者義務違反に当たり、EAがInfinity Wardとの契約を意図的に妨害していたと主張。結果的にInfinity Wardスタジオの分裂や「Call of Duty」フランチャイズの脱線を招き、企業に深刻な被害を及ぼしたと訴えています。

今年3月、現Respawn EntertainmentのJason West氏とVince Zampella氏は、『Modern Warfare 2』のロイヤリティーが支払われず不当に解雇されたとしてアクティビジョンを訴え、アクティビジョンも二人に対して逆訴訟を起こしていましたが、今回はEAに矛先が向けられた全面対決とも言える構図になりつつあるようです。

真実は本人たちしか知り得ないことだと思いますが、ゲームに影響が出ないほどにお願いしたい…
ゲームでEAが「将来、必ずActivisionとCall of Dutyを倒せる」などとライバル視し、意欲を見せるのは良いんですけどね。
その為の秘密兵器とも言えそうなRespawn Entertainmentの作品にも期待したいところですが、この起訴問題は長引きそうですね。
Activision側としてもInfinity Wardを再び復活に向け再建中とのことですし、そっちに力を入れてほしいですね。
遊びじゃないですし簡単な問題では無いと思いますが、お互いが開発中のゲームに影響がでないようお願いしたいところです。



バレットストーム
バレットストーム
posted with amazlet at 10.12.23
エレクトロニック・アーツ (2011-02-24)
売り上げランキング: 790

バレットストーム
バレットストーム
posted with amazlet at 10.12.23
エレクトロニック・アーツ (2011-02-24)
売り上げランキング: 420

コール オブ デューティ ブラックオプス(吹き替え版)【CEROレーティング「Z」】
スクウェア・エニックス (2010-12-16)
売り上げランキング: 33

コール オブ デューティ ブラックオプス(吹き替え版)【CEROレーティング「Z」】
スクウェア・エニックス (2010-12-16)
売り上げランキング: 225



【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2010/12/23 01:32 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL