FC2ブログ

チュンソフトの新作タイトル『ぞんびだいすき』体験、ブロガーディスカッションに参加してきました! Part1  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

チュンソフトの新作タイトル『ぞんびだいすき』体験、ブロガーディスカッションに参加してきました! Part1

101220spa.jpg

ぞんびだいすき公式サイト

チュンソフトの新作タイトルブロガーディスカッションに参加させて頂きました。
今回ディスカッション内容及び体験させて頂いた新作タイトルDS専用ソフト『ぞんびだいすき』の感想を書かせて頂きます。
101220spb.jpg

【ストーリー】

森の中にとても平和で人々が幸せに暮らしている牧場がありました。
しかし、ある日突然牧場は悪い人たちに襲われてしまいました。
みんな死んでしまったかのように思われていましたが
謎のガスによる影響でしょうか・・・・・・
人々はぞんびとして生まれ変わったのです。

ぞんびの心にただ一つ残っていた願い
それは「牧場を元の姿に戻したい」ということ

ぞんびたちは牧場を復旧させるため、人間たちに奪われた「だいじなもの」を取り返しに行くことに決めました。
行く手を阻む数々の困難を乗り越え、ぞんびたちは平和な牧場での日々を取り戻せるのでしょうか?

今回遊ばせてもらったのは2011年1月20日発売となるDS専用ソフト『ぞんびだいすき』。
一風変わったコンセプトのゲームとなっていますが、昨今敵キャラクターとしての代表格となっている「ゾンビ」を味方にもってくるアンチテーゼをユーザーに投げかけている作品となっています。
ストーリーは上記の通り、ゲームは悪い人間とのバトルを繰り広げる「アクションパート」と仲間のゾンビを育てたりバトル前の準備をする「ゾンビ育成パート」に分かれます。

101220spe.jpg 101220spd.jpg

101220spc.jpg 101220sph.jpg

101220spg.jpg 101220spf.jpg

ゲームを始めるとまずはゾンビにされた経緯がイベントで語られ、その後アクションパートの説明に入ります。
ここで一通りの操作方法を教えてもらえますが、基本的に全て簡単。
「タッチペンでスライドした方向にゾンビを移動」、「移動させたい範囲を○で囲い、○内から移動させたい方向へスライドで○内のゾンビ全てを移動」、「タッチペンを一点に長くタッチすることでその部分にゾンビを集合、同じ部分を3回タッチで逆に散らす」、「スライドを同じ方向に3回することでダッシュ」。
このようにタッチペンを上手く使った操作方法となっています。
その他にもゾンビは色分けされており、色を指定することで色別にゾンビを動かすことも可能だったりします。

101220spl.jpg 101220spi.jpg

101220spj.jpg 101220spk.jpg

一通りの操作方法を覚えると今度はゾンビ牧場での「ゾンビ育成パート」。
ここでは仲間となるゾンビたちの戦闘前の育成、準備などをすることになります。
ゾンビの能力アップの為、食料となる作物を育てたりバトルに有利になるスキルを習得する為のスキルガーデンがあります。
作物といっても植物だけではなく、色々な種が手に入り蒔くことで育ち、食べることで能力もアップしていきます。
何を育てるかでバトルにも影響してくるので、色々と方向性が変わってくると思いますが今回は気にせず「おまかせ」を使い適当に蒔いて食べさせてました。
こういった点をあまり考えずにプレイするのも良いかもしれませんね。
「ゾンビ育成パート」では各ゾンビのキャラ設定もあり、そのストーリーを読むだけでも面白かったりします。
ゾンビは「バトルパート」で倒した敵から確率こそ100%ではないものの、クリア後に仲間になることがあります。
仲間になる敵は決まっており、総勢70体になるとのことなので仲間集めだけでも結構時間がかかるかもしれません。

101220spm.jpg 101220spn.jpg

「バトルパート」では色々とクリア方法があり、「敵を全て倒す」といったものから「特定の敵を倒す」だったり「マップ上の木箱を全て壊す」といったものもあったりします。
「バトルパート」への移り方は「ゾンビ育成パート」で仲間のゾンビから受けることができるメインクエスト、サブクエストを選択することにより移動が可能。
メインクエストは進めることによりストーリーを進めることが可能に、サブクエストはゾンビの強化などストーリーとは別の部分でのゾンビの強化が可能となります。
メインクエストは30、サブクエストは100の合計130のクエストがありボリュームとしても良い感じにあるようです。
マップ上は敵やプレゼントが置いてあり、プレゼント内には種などのアイテムがあります。
基本的に何をするのもクリア方法さえ守れば自由ですが、ステージが進むごとに敵の種類も増えていき複雑に。
例えば報道カメラマンといった敵はカメラ撮影をしてきて、一定時間撮影されることにより最強クラスの敵「SWAT」が駆けつけてくることも。
こういった妨害を上手く避けつつクリア目的を達成し、更にゾンビを強化しゲームクリアを目指していきます。
「おまかせバトル」といった機能もあり、勝手にある程度の戦いをしてくれたりもするという手が離せない時に便利な機能もあったりします。

音楽は昔懐かしいファミコンテイストの音楽、絵柄は万人受けしそうな可愛い絵柄ですし狙える層は広そう。
今回残念ながらスキル習得までいけなかった為、スキル使用時の感想は書けませんがスキルを使わない状態での戦いは単純ながら面白く大人だけではなく子供でも簡単に操作できて良いんじゃないかと思いました。
個性的なボスキャラがいたり、ゲーム内の文章は全てひらがなやカタカナが用いられており子供でも読みやすい、そして遊び方に関しても確認できる為迷うことはそんな無いと思います。
CEROがBなので、12歳以上推奨なわけなんですけどね…
今回体験できなかった部分で通信機能を使った協力が行える「パーティーハント」や対戦「デッドサル」なんかもあるそうなので一人だけじゃなく多人数でも楽しめる内容となっていそうです。

Part2では『ぞんびだいすき』のエグゼクティブプロデューサーである中村光一氏とプロデューサーの伊東幸一郎氏
とのディスカッションの内容を書かせて頂きます。



ぞんびだいすき
ぞんびだいすき
posted with amazlet at 10.12.20
チュンソフト (2011-01-20)




【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2010/12/20 21:42 ] 体験会記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL