FC2ブログ

スクエニ河津氏:ゲームが評価されるにはマーケティング能力も重要である  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

スクエニ河津氏:ゲームが評価されるにはマーケティング能力も重要である

100418b.jpg

海外ゲーム誌Nintendo Powerに掲載されているスクウェア・エニックスの河津秋敏氏のコメントから。
既に話題になっている「サガ最新作は任天堂ハード」といった噂が取り上げられていますが別の部分を取り上げてみました。
情報元:Nintendo Everything

日本のRPGが海外で人気が無いとう実状が何故起こっているのか、そしてそれに対し開発者が行えることについてといった質問に対し河津氏は以下のようにコメントをしています。

2、3の有名なタイトルを除き、日本のゲームはそれがRPGかどうかに関係無くより少ない注目を受けています。私はそれが、ゲーム自体と同様にパブリッシャーのマーケティング能力が関係あると思います。技術は西洋のゲームと同等では無く、更にコストや市場のニーズに圧倒されてしまっているため、彼らのビジョンを貫く情熱を失っているように思われます。個々の開発者は、最新のコンピューター及びゲーム技術で絶えず最新である必要があります。開発チームとグループが全体として技術の進展をサポートすることも重要です。 1人の人が1人きりでゲーム開発に必要なすべての技術について行くのは不可能です。この上で、彼らのビジョンを貫けるよう信頼と強さで開発者はプロジェクトを引き受ける必要があります。私がここで言及したものは全て、私個人にも同様に当て嵌まることです。また、それらは全て私が次のプロジェクトで実現させたい全てのものでもあります。

確かにマーケティング部分っていうのは重要な部分だと思います。
海外では大々的に限定版やイベントなど行っていても日本ではそこまで大きなものは出来ないという現状。
勿論コスト面なども考えて簡単には出来ないのは理解出来ますが、もう少し上手くやれば良いのにと思う場面も最近ではいろいろとあります。
一概に自身が考えている方法が効果的かどうかは分かりませんが、ここはもっとこう攻めていれば新規ユーザー獲得にも繋がったんじゃないの?とかそう思う事が多々あります。
例えばSCEJの海外ゲームの日本でのマーケティング方法など…
なんにせよ、この河津氏の発言には当たり前かもしれないけど納得出来る部分が見受けられた為取り上げさせてもらいました。
河津氏の次のプロジェクト、サガシリーズなのかFFCCシリーズなのか全くの新作なのか分かりませんが頑張ってほしいものです。


【新作予約受付中】
ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ
【PS4】サマーレッスン:宮本ひかり コレクション (VR専用)
鉄拳7 プレイアブルキャラクター『エリザ』ダウンロードコード付
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 【初回限定特典】設定資料集 付
無双☆スターズ
【PS4】パラッパラッパー
BLUE REFLECTION 幻に舞う少女の剣
DARK SOULS III THE FIRE FADES EDITION

newrss.jpg




[ 2010/08/30 22:57 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(2)
全然マーケティング出来ずに出すソフト爆死させまくってる奴がなに言ってんだろ
[ 2010/08/31 00:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
マーケティング自体は会社がどれだけプッシュしてくれるかって感じなんですかねぇ。
DSのリメイクでドラクエ、FF以外はそこまでお金かけそうに無いイメージですし…
スクエニもそろそろ普通に続編をHD機で作らせればいいのにって思いますが、どんな判断してるんでしょうね。
[ 2010/09/11 06:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL