FC2ブログ

◆『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』の体験会に行ってきました Part1  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

◆『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』の体験会に行ってきました Part1

100408.jpg

『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』公式サイト

4月3日に4月22日発売となるPSP用ソフト『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』の体験会に参加してきました。
『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』、と聞いてもすぐどんな作品か分かる人は多くは無いと思います。
管理人自身タイトル名や、シリーズの一つといった知識はあるけどはっきり答えろと言われて答えられません。
そんなわけでまずはどんな作品か…
『ナイツ・イン・ザ・ナイトメア』はスティングが開発するDept. Heaven Episodesシリーズの4作品目。
過去シリーズは『Riviera ~約束の地リヴィエラ~』や『ユグドラ・ユニオン』といったこれも評価が高くPSPに移植されている作品です。
4作品目なのに3作品しか無いですが、これは後々。
Dept. Heaven Episodesシリーズはストーリーこそ独立した作品となっていますが、世界観が共有されているある層には堪らない内容になっています。
もともとDSにて2008年9月25日に発売をしていますが、今回PSP向けにリメイクされ発売されることになりました。


100408e.jpg  100408d.jpg

100408c.jpg  100408f.jpg
体験会では本作のプレイ及びディスカッションが行われました。
まずはプレイの感想から。
オープニングはアニメーションになっています。


100408a.jpg  100408b.jpg
ちょっと内容を見た感じだと普通にSLGかと思いきや、今回はシミュレーションにシューティングの要素を加えた感じ。
作戦などを考えながら自機であるウィスプ(王様の魂)を操り敵の放ってくる攻撃を避けつつユニットに命令をしていく。
一見複雑で難しいように感じますが、それを見越してかチュートリアルがしっかりとした作りになっていて親切でした。
DS版でも同じような感じで説明をする部分があったようですが、PSP版でより分かりやすく説明されているようです。
プレイ中のロード時間は少し気になる程度?ロード中も説明や攻略法が表示されるので無駄な時間にはなりません。
どうしても…って人はDL版を購入すれば軽減されると思います、メディアインストールがあれば別ですが今作にはその機能はありません。


100408g.jpg  100408h.jpg
早速本編を開始すると、イベントシーンから。
このイベントシーンは早送りやスキップもありDS版を既にクリアした人やイベントを見るのが面倒って人には有難い仕様に。
何周も楽しめる仕様となっているようなので、その辺も考慮されての作りだと思います。


100408i.jpg  100408j.jpg
イベントを見終わると早速戦闘に。
武器を四隅に設置するんですが、この武器には回数制限やフェイズや装備可能ジョブがあります。
回数制限というのはそのまま利用出来る回数、フェイズはカオスとロウと分かれておりRボタンを押す事によりその場をカオスにするかロウにするか決められます。
その条件が合わない限りその武器を使用することは出来ず、この武器を使わない限り敵を倒すだけの攻撃(スキル)は出来ません。
なのでユニットにあった装備を設置、そして敵を武器を使わず攻撃し武器を使用するのに必要なジェムといったものを集めないといけません。
それらを考える戦略性に、更に考えている間も敵は攻撃を繰り出してくるのでこれをアナログスティックを使いウィプスに当たらないようにするといった行動をとらないといけません。
これら全てを行うといった複雑性がありますが、ウィプスはスピードも簡単に変更出来るので自分にあったスピードにし避けることは可能、システム自体はプレイしていくうちに慣れていくと思うので最初は戸惑うけど慣れれば全てを上手く操作していけると思います。


100408k.jpg  100408l.jpg
自軍を強化していくには新規ユニット獲得が必須となりますが、仲間にするにはある条件があります。
各ステージで利用出来るユニットを仲間にするには、キーアイテムといったものが必要となり、そのキーアイテムは戦闘画面に配置されているオブジェクトを壊すことにより発見出来ます。
これを見つけ、該当のユニットに使用することによりステージクリア後に仲間に出来ますがキーアイテムを探せずそのままクリアしてしまうとそのユニットは最後まで仲間にならないと結構シビア。
このキーアイテムは最初は最初のステージにありますが、その後はそのステージに必ずしもそのステージのユニット用キーアイテムがあるとは限りません。
例えると、5面で仲間になるユニットのキーアイテムが2面にあったりといった感じで先に取り逃してしまうとその後は確実に仲間にならないという。
100名以上いるようなので、必ずしも仲間にする必要はありませんが完璧主義の人はステージの全てのオブジェクトを破壊するといったことも考えないといけません。
そうなってくると更にこのゲームは難しくなってくるということで、やり込めばやり込むほど面白くなっていくゲームのようです。
ステージをクリアするにも○ターン以内に○ライン揃えるといった普通のゲームとは違った内容になっており、ビンゴを揃えるような不思議な感覚の内容となっています。
味方の強化にはステージクリア後に経験値を上げ、装備出来る武器を増やすやり方。
そしてユニット同士をくっつけるトランソウルといったシステムがあり、ユニットAの魂をユニットBに継承するといったシステムもあります。
このトランソウル、ユニットに思い入れがあるユーザーだとし難いと思いますが、気に入ったユニットを育てるためにもこのシステムを使用していった方が戦闘は楽になるようです。
管理人は全て揃えたい派なのでやりにくい…


100408m.jpg  100408n.jpg
最後に、DS版ではGBA版『ユグドラユニオン』を挿したまま起動するとチュートリアルで『ユグドラユニオン』の主人公ユグドラが説明をしてくれるといったサービスがありましたがPSP版もPSP版『ユグドラユニオン』のセーブデータがあればユグドラがユニットとして出てくるなどのサービスがある模様。
一通りプレイしての感想は、面白いけどこれを説明するのって難しい…って気がしました。
ただ少しでも気になったならプレイしてみる価値はあります、体験版があれば良いんですが…無かったと思います。
DL版も同時発売となり気軽に購入出来ると思うので、良かったら購入しプレイしてみて下さい。
長くなったのでディスカッションやおまけはPart2で…早めにアップできるよう頑張ります。

この記事はスティングが開催したイベントに参加して書いています。
本イベントへの参加および記事掲載は無報酬です。
また、事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。


【Amazon】
ナイツ・イン・ザ・ナイトメア

newrss.jpg

[ 2010/04/08 19:52 ] 体験会記事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL