FC2ブログ

開発費の高かったゲームTOP10  ~ ゲーム好きの戯言ブログ

相互サイト・Blog様更新情報【RSS】

開発費の高かったゲームTOP10

ゲーム開発の上で欠かせないのが、ゲーム開発にかかる費用。
この費用の最も掛かったゲームのTOP10が掲載されていたのでご紹介。
情報元:DIGITAL BATTLE Via ITmedia Gamez

開発費TOP10は以下の通り。

1位 Grand Theft Auto IV 約1億ドル(約90億円)
2位 グランツーリスモ5 約8000万ドル (約72億円)
3位 シェンムー 一章 横須賀 約7000万ドル(約63億円)
4位 Too Human 約6000万ドル以上(約54億円以上)
5位 メタルギア ソリッド4 約6000万ドル(約54億円)
6位 Halo 3 約5500万ドル(約50億円)
7位 All Points Bulletin 約5000万ドル(約45億円)
8位 LA Noire 約5000万ドル(約45億円)
9位 ファイナルファンタジーXII 約4800万ドル(約43億円)
10位 KillZone 2 約4500万ドル(約41億円)


1位の『Grand Theft Auto IV』は流石、DLCも好調で販売本数もこれに見合っただけの売上げを見せているので納得の開発費ですね。
TOP10にはHD機が多い中、3位はDCの9位はPS2と旧世代機が入り込んでるのは驚き。
9位はFFだしと納得出来ますが3位はDCで72億円ですしね…ま、これもシェンムーだしと納得出来るかもしれませんが!
シェンムーは時代を先取りしすぎた作品なんですかね、結局オンラインも頓挫してしまいましたし。
『シェンムーIII』の復活を待ち望む声もあるし、最近だと『SONIC & SEGA ALL-STARS RACING』にも出演しているので是非とも何らかの形で復活してほしいところです。

やはりHD機での開発はある程度の金額が必要となってくるみたいですね。
CESA発行の「2009 CESAゲーム白書」によると日本での1タイトルの開発費は2008年度時点での話しだとPS3で約3億8860万円、Wiiで1億3410万円、PSPで5,650万円、DSで4940万円となってるみたいですね。
PSPに関しては以前マーベラスが語っていた開発費と違いがありますが、大体この費用ということでバラつきがあるってことですね。
2008年での話しであり現在どこまでコスト削減出来ているのか分かりませんが、やっぱりHD機での発売は賭けのようなものでもあるんですねぇ…
大体10万本程度は売れないと回収は難しそうですね、現在1億ほどコスト削減出来てたとしても5万本程度か。
こうなってくると大手なら別かもしれませんが、中小企業には厳しそう…と言っても、ガストみたいに上手くやっているところもあるから一概には言えないかもしれませんが。
とりあえず、アイレムさん絶体絶命都市をお願いします。

newrss.jpg

[ 2010/02/25 00:00 ] 新着/総合情報 | TB(0) | CM(4)
箱庭ゲーって和ゲーじゃあんまり聞かないけどあるんだろうか?
[ 2010/02/25 00:34 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
wikiだと喧嘩番長シリーズがそうみたいだけど、やったことないのでわかりませぬ。
龍が如くは箱庭カテゴリーになるのかな?
なかなかグランドセフトオートのような自由に行動できるゲームって無いですよねぇ。
ガンパレードマーチの進化版、やってみたいな。
[ 2010/02/25 00:52 ] [ 編集 ]
最近のニュースでMGS4の制作費が50億越えてるとか、70億だとか
書かれていますが、そんな掛かって無いですよ? そんなに掛けたら
マルチになってましたってw ・・・でも容量入らないね。(今泉) #kjpro

kojima_pro 小島プロダクション
http://twitter.com/kojima_pro/status/9613341667
[ 2010/02/25 16:21 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ね、結局幾らなのか教えてほしい(笑)
[ 2010/02/27 23:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL